なぎさやの鮭
なぎさやの鮭

マスノスケ(甘汐鮭)


なぎさやで一番売れている商品といったら、この甘汐鮭(マスノスケ)です。
獲れた直後に沖漬け(※)にしてあるので、焼き上がりは身がほっくほく!
脂が十分のっているから口当たりはしっとり。

このマスノスケ、
だいたい1メートルくらいあります。
これを、なぎさや主人・入澤勝は
毎日一切れずつ包丁で捌いています。
重い出刃包丁を扱うので、
手がパンパンになってしまうけど、
ひとつひとつ形も大きさも違う
天然もの相手なので、そのひとつひとつに合わせて
アナログに対応していくしかありません。

この切り身を求めて、南は沖縄から、北は鮭の本場・北海道まで、
全国各地から注文をいただく大人気のシャケです。

●マスノスケ(キングサーモン)甘汐 一切れ800円〜
 天然ものなので、それぞれ一切れの大きさが異なります。
 また、部位によっても大きさが違いますが、その分厚く切っています。

※マスノスケは品薄状態が続いており、価格が変動します。
ご迷惑おかけし申し訳ございませんがなにとぞご了承下さいませ。


※沖漬け(おきづけ)…獲れたての鮭を新鮮なうちに捌き、船の上で岩塩水に漬け込んだあとに冷凍にします。
市場の汐鮭の大半は、陸漬け(おかづけ)といって獲ってすぐ冷凍し港に戻って塩漬けにしています。

ご注文方法はこちらです


紅鮭(中辛&極辛)




【 中辛鮭 】

マスノスケ、極辛鮭と特徴のある鮭に隠れがちですが、
これぞ本チャンの北洋産紅鮭です。
「絶対この中辛じゃなきゃダメ」という、昔なじみのお客さまも
少なくありません。
日本の食卓におなじみの汐鮭ですが、いまや高級品となってしまいました。

しっとりしているけどしつこくない脂の乗り、
焼いてもぱさつくことがなくほっくりと身離れします。
朝食のおかずに、お弁当のおにぎりに、炙った皮を酒のアテに、
どんな風にして食べても美味です。

もちろん紅鮭(中辛・極辛)も、なぎさやで毎日一切一切捌いています。

●中辛紅鮭 一切れ600円〜
 天然ものなので、それぞれ一切れの大きさが異なります。

ご注文方法はこちらです


【 極辛鮭 】

極辛鮭

辛いのに耐性のある人でも、最初に食べるときはびっくりするほど
しょっぱい極辛の紅鮭。
でも、ただ塩辛いだけではありません。
きちんと旨みがあります。
何せ元は最高級の北洋の紅鮭ですから、おいしさは保証します。

漫画家の東海林さだお先生のエッセイ『誰だってズルしたい!』の中の
"地球滅亡の前夜に「最後の晩餐」"という章で、
東海林先生が最後に食べたいものの一品に、
光栄にもなぎさやのこの極辛が選ばれているんですよ! 
(東海林先生は皮が一番お好きなようですが。)

--- 前略 ---
   「最後の晩餐」のメニューの一つに、まっ先に、迷うことなく決まったものがある。
 それはちょっと長くなるが、
「吉祥寺のハモニカ横町の一番右はじ奥の角のところにある干物専門店Nのシャケ(極辛)の切り身を二枚」
であった。
 このシャケは、身が薄くて(厚さ約一センチ)なのに一切れ四五〇円と高い。
 高いけどそれだけの価値があるのだ。
 塩がきついにもかかわらず、ある種の発酵がからんでるらしくて複雑な塩気がたまらない。
 おいしい上に極辛だから、これ一切れでごはん十杯は軽くいける。
--- 後略 ---
誰だってズルしたい!『誰だってズルしたい!』東海林さだお著/文藝春秋
 地球滅亡の前夜に「最後の晩餐」より引用





この極辛鮭に嵌った方は「これしか食べられない」とおっしゃいます。
興味のある方はぜひお試しください。
だけど最初はどうぞ1枚からお求めくださいね。
ほんとにしょっぱいから!

●極辛紅鮭 一切れ600円〜
 天然ものなので、それぞれ一切れの大きさが異なります。

ご注文方法はこちらです


なぎさやについて なぎさやの鮭 なぎさやの干もの 商品一覧PDF ご注文方法 お届けについてのQ&A


ハーモニカ横丁の本が出ました。 ハモニカ横丁物語


なぎさやのホームへ  ページの先頭へ